「痩せすぎの健康被害が出ることがある」

「効果の高さから店頭販売が禁止されている」

そのような文言が公式サイトで踊る、今大人気のアンファットカプセルですが、そこまで効果が期待できると副作用はあるのかと気になる方もいらっしゃいますよね

今回は、アンファットカプセルの副作用があるのか、注意すべきことはどのようなことかについてご紹介していきます。

アンファットカプセルの副作用の有無と注意点

アンファットカプセルの口コミを見ていると、マイナス10㎏や20㎏も痩せている方がとても目立ちますよね。

また、あまりに脂肪溶解効果が高すぎて痩せすぎるという理由から、日本でも昨年まで販売は認められていませんでした。

そんな効果の高さを見ていると、なんといっても気になるのが副作用です。

しかし、結論から言うとアンファットカプセルはあくまでも医薬品級のサプリであるため、副作用はありません

安心して服用することができます。

しかし、服用する時に注意をすることはいくつかありますので、自分に当てはまることがないか、しっかりと確認するようにしましょう。

摂取量をしっかりと守る!

まずお伝えしたいのは、推奨されている摂取量を必ず守るということです。

アンファットカプセルに含まれているハネセンナエキスは、大量摂取すると下痢をする可能性があるので、注意が必要です。

「BMI25以上で体重10㎏以上減少させたい方」に当てはまらない方

痩せている基準は人それぞれですよね。

元々モデルのような方は、数kg太っただけでも「痩せなきゃ」と慌ててしまうものです。

もちろんダイエットは個人の自由ですが、アンファットカプセルのように脂肪溶解の効果が高いと期待できる商品は、標準以下の体型の方が使用するものではありません。

45㎏の方が10㎏痩せてしまったら、健康被害が出てしまいます。

適度なダイエットを目指している方は、アンファットカプセルの使用を控えましょう。

原材料でアレルギーのある方は注意!

アンファットカプセルには、アレルギー表示義務または奨励されている原材料は含まれていません。

しかし、だからと言って全ての方の身体に合うとは言い切れません。

原材料をしっかりと確認してから飲むようにしましょう。

また、万一体質に合わないと感じたら、摂取を控えた方が良いでしょう。

薬を服用中の方、通院中の方

病院で処方されている薬には、食品との相性が悪いものもたくさんあります。

なにかしらの薬を服用されている方は、必ず医師に確認の上でアンファットカプセルを摂取するようにしてくださいね。

また、通院中の方も医師への相談が必要となります。

胃腸の弱い方

サプリに限らず、慣れないものを口に入れると必ずお腹をこわしてしまうという方もいらっしゃいますよね。

胃腸の弱い方などは特に注意が必要です。

最初から2粒を目安に飲むのではなく、まずは1粒ずつ試してじっくりと身体に慣らした方が良いかもしれません。

まとめ

アンファットカプセルに副作用はないことが分かりましたので、安心してダイエットに臨むことができます。

注意点はいくつかありますが、アンファットカプセルはどんな方法でも痩せることのできなかった女性への救済の手です。

自分の体調管理をしっかりと意識して、サプリをサポートとしながら健康的な生活を送るようにしてくださいね。

>>アンファットカプセルの公式サイトはこちら